NEWS ( 2 )

Category
川原亮一教授が電子情報通信学会情報ネットワーク研究会において 研究賞(共著)を受賞しました

川原亮一教授が電子情報通信学会情報ネットワーク研究会において 研究賞(共著)を受賞しました

情報連携学部の川原亮一教授ら(共著)の研究発表「オートエンコーダを用いた異常検知におけるモデル再学習手法(2018年1月発表、当時NTT研究所所属)」が、電子情報通信学会第25回情報ネットワーク研究賞を受賞しました(2019年3月4日)。 詳細は以下をご覧ください。 https://www.toyo.ac.jp/ja-...
2019年3月26日 Open IoT 教育プログラム説明会のご案内

2019年3月26日 Open IoT 教育プログラム説明会のご案内

2019年3月26日(火)13:00〜15:30に「Open IoT セミナー : IoT時代に活躍するために」を開講します。 本セミナーでは、平成31年度募集に向けた説明も実施します。 https://enpit.iniad.org/open-iot-seminar-tokyo2019/index.html 日時 :...
後藤尚弘教授が愛知県より感謝状を贈られました

後藤尚弘教授が愛知県より感謝状を贈られました

情報連携学部の後藤尚弘教授が、2019年1月に愛知県より、長年の環境保全行政の推進に寄与した功績に対する感謝状を贈られました。 詳細は以下をご覧ください。 https://www.toyo.ac.jp/ja-JP/news/academics/faculty/iniad/190219_1/
ACM Future of Computing Academyの会員に選出されました

ACM Future of Computing Academyの会員に選出されました

Fahim Khan准教授が、Future of Computing Academy(FCA)の会員に選出されました。これは、コンピュータ分野の世界最大の学会であるACM(Association for Computing Machinery)が設置するアカデミーで、次世代の研究者、実務家、教育者、起業家等のリーダー人...
10/13大学院における社会人の学び直し「IoT時代に何を学ぶべきか」

10/13大学院における社会人の学び直し「IoT時代に何を学ぶべきか」

情報連携学研究科(INIAD)では、社会人の学び直しを積極的に支援しております。 10月13日(土)13:00より坂村健(INIAD 学部長)による「IoT時代に何を学ぶべきか」と題した講演会、あわせて大学院での学び直しを考えている社会人の方を対象とした説明会を東洋大学赤羽台キャンパスで開催いたします。 博士前期課程お...
花木啓祐教授が環境科学会において学会賞を受賞しました

花木啓祐教授が環境科学会において学会賞を受賞しました

情報連携学部の花木啓祐教授が2018年度環境科学会賞を受賞し、環境科学会2018年会(2018年9月10日~11日・東洋大学赤羽台キャンパス)において表彰式が行われました。 詳細は以下をご覧ください。 https://www.toyo.ac.jp/ja-JP/news/academics/faculty/iniad/3...
石川知一准教授が画像電子学会において優秀論文賞を受賞

石川知一准教授が画像電子学会において優秀論文賞を受賞

情報連携学部の石川知一准教授らが執筆した論文「Visual Simulation of Glazed Frost Using Hybrid Heat Calculation」が、2018年度画像電子学会優秀論文賞に選定され、画像電子学会2018年次大会(2018年6月21日~23日・山形市)において表彰式が行われました...